レバーを目指してシャウト一発

大鎌トラップを目の前にして、フリアは手を出すことなく待機モードフリア曰く、この罠を抜ける見込みはアリアのほうがありそうなんだとかご親切に、一番奥にあるレバーで止められるはずだと教えてくれました なぜか罠解除を一任されたアリア、シャウトでなんとかこの危険地帯を抜けてみます旋風の疾走を使用し、レバーのところまで駆け抜ける案で行きます この大鎌エリア、思ったより長くて一回では渡り切れず、クールタイ…

続きを読む

聖堂の地下深くへ

異国の地でフリアという旅の友を得て、ますます楽しくなってきましたまあ、命狙われてるんですけどね フリアと共に、地下を探索していると開けた場所に人を吊るすための鉄籠がありました訪れるものに見せつけるために、こんな所にこんな物があるんでしょうね確かにいい気分にはなりませんフリアはこの有様を見て、静かにお怒りのご様子でした さて、ここはかなり広いので先に進む前にちと周りを調べまわりました すると…

続きを読む

スコールのフリア

もしもし、そこのお嬢さん失礼ですが一体どなた?おお、なんとも勇ましいこの白い肌といい、おそらくノルドかな? 村人を救うと言っているけど、一体何から守るつもりなのか聞いてみるとフリアもそれはわかっていない模様ただ、現実問題としてソルスセイムの人々の大半が何者かによって支配されている、とミラークの名がここで出てきました アリアもミラークを探していると伝えると利害が一致したということで、しばし共同…

続きを読む

山を登ってミラークの聖堂へ

灰色の坂道を歩いていると、遠くで何かが動いているのが見えますよーく見てみると…ぎやああああああああ! これ、あかんやつや(個人的に)虫系は苦手なんだよおおおおおお! 近付きたくないので、超ロングレンジで仕留めます うまく当たったはいいものの、その後飛び散る死体いやあああああああ!一々、人のトラウマをえぐってくる!そして貧乏性ゆえ、漁るのは忘れないああ悲しき性 あれ、このゼリーって市場で売…

続きを読む

ソルスセイム最初の夜

まるで王蟲の抜け殻のような形をしていますが、これがこちらの建築様式のようですここ、レイブンロックの宿屋の名はレッチングネッチなんだか聞き慣れない名前ですね見慣れない建材が使われてますが、屋内は非常に明るく居心地よさそう さてそれでは、宿の主人に一部屋お借りしましょうたのもー!こちらが主人のゲルディス、なかなか渋いダンマーのおじさまですことどうやらお酒が売りの宿屋のようです 宿代を払い、部屋ま…

続きを読む