新環境での旅立ち

環境構築も一段落ついたところで、いよいよプレイ開始
ヘルゲンからスタートしてホワイトランを目指します
20210408_01.png
今回はドヴァ子の顔を新しくして新鮮な気持ちで始めてみることにしました
Jade A CBBE NORD RACEMENU Presetの顔データをお借りし
名前もそのまま「ジェイド」でスタート
Jade=翡翠、ということで、目は緑色です
20210408_09.png
これまた実にわたし好みの美人さんで、早くも愛着が湧いてきました

手違いで帝国軍に捕縛されてしまった、不運なキャラという脳内設定で行こうと思います
20210408_02.png
スキル構成はいつもの弓隠密で、装備はアーチャー向きの
Ryder's Dragonfly Robesにしました、矢をつがえる右手のグローブのデザインが特に気に入ってます

布地の質感がとても精細で、美しい設えです
実はいいところのお嬢さんで世間知らず、という属性を足してしまいました

そしてフォロワーは珍しく自作せず、Ulfvals War-Bear Followerにお出ましいただきました
20210408_03.png
ホワイトランの鍛冶屋エイドリアンの夫、ウルフベルスの兄弟ということで
顔と声はウルフベルスそっくりです

なんせ彼には店があって妻が居る、いくらModの力を借りたとしても
家から連れ出すのは、なんかちょっとなー。と思って断念しておりました

しかし、時を経てこのウルフヴァルスの存在を知り
いつか旅のお供にしたいと思っていたのがようやく叶いました

ホワイトランの馬屋近くにいるので、到着して早々にスカウトしました

重装両手剣使いで、パワフルな前衛
しかも牽制技としてファイアブレスのシャウトを持っており
フォロワーとして中々優秀です、弓隠密の後衛ジェイドとも相性ばっちり

そうそう、フォロワー管理modを長年お世話になったFLPから
Simple Follower Extensionに乗り換えました
万が一の迷子対策としてCS Tag and Track NPCsも併せて導入

自分の傾向として
・雇用は少人数(一人かせいぜい二人)
・フォロワーの内部設定をゲーム中ほぼ触らない(いじるとしたらCKでやっちゃう)
・フォロワー可能なNPCしか雇用しない(フォロワー管理modの力で変則的な事をしない)
・FLPのたくさんある有用な機能をほぼ使ってない
ということを自覚したので、シンプルなものに乗り換えました

また、たぶんおま環なのですが、わたしの環境でFLPを使っていると
フォロワーが敵に向かっていく最中になぜか抜刀モーションを連続して行うことがあり
なんかそこが気になっていたのもあります

Simple Follower Extensionに乗り換えたあと
謎の連続抜刀モーションは発生しなくなりました

というわけで、フォロワーを一人連れて難易度HARDでプレイしていきます
まずは型通り、お遣い二件を片付けにブリークフォール墓地へ
20210408_04.png
アリア時代からずっと使っていたチートmod、100x Your Carry Weight - or 10x or 25x
所持重量を10倍にしていたのですが、今回はそれを外しました

このmod、探索中の拾得物をほぼ持って帰れるようになるので便利だったのですが
序盤から売却利益で所持金が豊富になり、金銭的には結構なぬるゲー化してました

今回はその点を見直し、これを外した結果
序盤は貧乏プレイとなり、矢がもったいなくて魔法を使って節約してました
20210408_05.png
韋駄天のアーヴェルの小憎らしさに毎回腹を立てながらも、金の爪を奪取
最奥部を目指します
20210408_06.png
とかいいつつ、採掘は外せない!
元炭鉱婦の癖が未だに抜けません
20210408_07.png
今回の新スタートにあたり、気になっていた
収集癖はあまりない方ですが、何か新しい要素が欲しいと思っていたので

ただ集めたところでチェストの肥やしにしかならなかった今までと比べると
達成感ややる気が全然違いますね、Moonpath to Elsweyrやオリジナルクエストが追加され
やりごたえかなりあります
20210408_08.png
PCを買い替えたことにより、余裕ができたので視覚効果も新しいものを導入してみました
ホタルとルナモスが暗がりでより美しく光ります

まだまだSkyrimを楽しめそうです


この記事へのコメント