三人でドーンガード砦に戻る

気持ちよく空を飛ぶダーネヴィールに見守られながら
一路南へ
20161125_01.png
そろそろ日が傾いてきました
日暮れまでには、せめてリフテンには入りたいなー

って
20161125_02.png
暗殺者登場

タイミング的に、マルボーンの暗殺失敗にお怒りの方から
追手が来たかと思いましたよw

例の如く、喧嘩っ早いセラーナが一番手となり
暗殺者を追い詰めます
20161125_03.png
この文面、色々パターンがあるのですが
今回は短文ながら語気が強い

やっぱ、エレンウェンどこかで見てるのかな?w

さてさて、こんな感じで時間を取られましたが
なんとか日没前に、リフテンに入ることができました
20161125_04.png
橋の上から眺める夕日がまた美しい

Skyrimは本当に景観を眺めるだけでも心躍ります
お散歩旅がはかどるはかどる

リフテンでたまった不用品を売り捌いて、ドーンガード砦に戻ります
あともうちょっとで到着というところで、サルモールの一団と遭遇
20161125_05.png
こっちから攻撃しちゃった☆ミ

普通に重犯罪犯してますが、まあそこはなんだ
20161125_06.png
目撃者全員コロコロしちゃえば、無罪放免だ

※魔法モーション変更前に撮影したので、セラーナはバニラな動きしてます

アルトマーに恨みはないが、サルモールは別だ

無事、全員片付けて砦へ
柵の中まで入ると、一般市民の一団が滞在していました

どうやら、吸血鬼の脅威から逃れてきた人々のようです
20161125_07.png
ドーンガードの噂を聞きつけて、ここまで来たみたいですね
20161125_08.png
このサーンという男性、砦の中にいれてもらえないのがかなり不服な模様

気持ちはわかるけど、アスランの性格からして
非戦闘員の面倒まで見きれないって感じだろうな

柵の中に入れてくれただけでも、わたしゃびっくりだよ


この記事へのコメント