五つのキューブ

水位を下げたことで、新たにいけるようになったエリアを探索 独りでさくさく先に進むネロスを追いかける形にドゥーマー建築の美しさに見とれていたら、死角からオートマトンたちが襲ってきます 気が抜けないね!そうしてたどり着いた先は、これまた入り組んだ構造になっていました探し物があると思われるエリアに行くためには、どうやらここで操作して三つの跳ね橋を上げ下げして通れるようにしなくてはいけないようです …

続きを読む

ドゥーマーの仕掛けに四苦八苦

二つのキューブをセットして、一度このあたりの水を抜いてから探索開始扉があったので、その先を調べてみましたが高低差があり途中までしか行けませんでした でも奥にはなにかありそうな気配がしました今は無理なので、あとに回します さて、このフロアにはもう一ついかにもどこかに繋がっていそうな入り口があるのですがそこも高低差があって、そのままでは入れません しかし、さっき見かけた赤く光る仕掛けがありキュ…

続きを読む

キューブを取ったり置いたり

あけましておめでとうございます(遅い)今年もよろしくお願いいたしますさて、ネロスがキューブ型の部品を操作すると次第に目の前の水位が下がっていきました、機械でどこかに排水しているようですその後、操作卓で色々調べたネロスが言うには下層にあるキューブを回収して操作したら、蒸気機関を稼働して上階の黒の書のところまで蒸気を送り、扉を開くことができるだろうとのことでしたこれから、その下層の探索に向かいます …

続きを読む

年末年始に伴いお休みします

このブログも今月で開始から丸二年経ちました ただひたすらプレイの様子を書き連ねる日記ブログですがお付き合いくださいまして、本当にありがとうございます 個人的には今なおskyrimを非常に楽しんでおります長い事プレイしてますが、ブログや動画などで様々な方のプレイスタイルに触れたりmodなどのおかげで、新しい味わいに満ちております これからもマイペースに続けていこうと思います さて、年末年始…

続きを読む

古の書庫チャルダック

ネロスによって解放された扉をくぐり、チャルダックの内部へ入ってすぐの広間には、お目当ての黒の書がありましたあの禍々しい意匠、前に見たのと同じモラ様印がしかとありましたただのガラス板に見えるのですが、あのネロスが何をやっても開けられなかったのだとかドゥーマーの技術、すごいなフリアは時々こんな風にコメントしてくれるので、旅の楽しみのひとつになってます さて、これを開けるギミックについてですがネロス…

続きを読む