オークとマーティンとわたし

あけましておめでとうございます
20190106_01.png
今年もゲームをまったり楽しんでいこうと思います
何卒よろしくお願いいたします

年末年始にsteamでホリデーセールがあったのにもかかわらず
引き続きオブリをいそいそとプレイしております

さて、前回
美化modのOCOv2を導入したのですが
これでどのくらい変わったか、うちの主人公エリーで表してみます
20190106_02.png
こんな感じです

左はインペリアル女性のほぼバニラ顔
右がOCOを導入した状態です
※顔の造形の違いは、キャラメイクでいじったわけではなくmodの影響です

OCOの威力が凄まじ過ぎて、大していじらなくても顔が整っているという奇跡…
個人的にはもうOCOを手放せそうにありません

それでは、メインクエストを進めていきます

皇帝に言われた通り、修道院にいるジョフリにお届け物を済ませ
クヴァッチにいるマーティンを迎えに行きます

クヴァッチに着いたはいいものの、こんな有様
20190106_03.png
クヴァッチはオブリビオンゲートの出現によりドレモラたちに襲われていました

逃げ延びた人々から話を聞いて、マーティンは聖堂の中らしい
ってところまでは分かったのですが、城壁内へ入るには
入口を塞いでいるこのゲートを閉じなきゃいけないってことで
一仕事してようやくマーティンとご対面
20190106_04.png
あ、あれ?

なんか参考SSと違うマーティンになってます
美化がうまくいっていない感じです…

もう一度、説明をよく読んだところ
OCOに追加で導入したOCOtweak.espを反映させるためには
20190106_05.png
わたしの環境の場合、WryeBashでBashedPatchを作成する際に
Import NPC Faceの項目で、OCO本体のチェックを外すというのが
必要だったのに、とばしていたようです

いけないいけない

チェックを外してBashedPatchを再作成したところ
20190106_06.png
若々しく整ったマーティンになりました!
よかったー

こんな素敵なマーティンを生み出してくださってありがとうございます
ショーン・ビーンの声と相まって、もう好みストライク過ぎます!

スカイリムに帰っても、BeyondSkyrim-Bruma
マーティン聖堂に日参しそうな勢いです

…お見苦しくてすみません
マーティンの名誉のために言っておきますが
決して外見だけでなく、発言から推察できる中身が好ましいんです

さてさて、無事マーティンをお迎えすることが出来ましたので
ジョフリの待つ修道院にお連れします
20190106_07.png
…道中ただ歩いているだけなのに、なんか楽しい
なにこれ
20190106_08.png
なんかもう、このまま三人でどこかに行きたい気持ちになってきました

と、思っていたら
UESPにしっかりマーティンを連れまわす方法が書いてあったw
該当記載にある通り、クヴァッチでマーティンを回収して
そのままメインクエストを進めず、修道院に行かなければ
ずっとマーティンを連れ回せるんですよねー

前世の記憶から、そうしたい気持ちがかなり強くなりましたが
久しぶりのオブリビオンですし、そっちルートは来世にするとして
今回はこのまましばらくメインクエストを楽しもうと思います


この記事へのコメント