ソウルケルンに至るには

生身の人間が転移門をくぐるために
選択肢が二つ
20161028_01.png
セラーナが申し訳なさそうに教えてくれた方法、それは
  1. 吸血鬼になる
  2. 魂の一部を魂石に封じて通行料の代わりに捧げる
のどちらかを選ばないといけなくなりました

うううーん、吸血鬼にはなりたくないから
自動的に、2で!
20161028_02.png
というわけで、セラーナに特別な魂縛をかけてもらい
ソウルケルンに入れる状態にしてもらいました

ただし、この間バッドステータス「弱体化した魂」がつくので
ステータス値が少し減ってます

あとで治せる…よね、信じてるよセラーナ!
20161028_03.png
さあ、それではようやく転移門をくぐります

転移門の先は
20161028_04.png
おおお

今までに見たこともない、荒涼した風景が広がっています
そして魂縛で囚われた人々の魂がちらほら見受けられます

ここでも、セラーナと少しおしゃべり
この世界には、世の死霊術師がこぞって契約したがるような
強力なアンデットが存在しているのだとか
20161028_05.png
そういうのを使役できるようになったら、便利ということなのかしら?

あいにくアリアはノルド脳筋だから、魔法系はさっぱりでござる
20161028_06.png
時々見かける人の形をした魂に話しかけるのですが
ほとんど要領を得ない話ばかり

この不毛さが却ってこの世界を薄ら寒く感じさせます

そんな中、会話が成立する強い魂が存在していました
20161028_07.png
商魂逞しいハイロックの商人、モルベン・ストラウド
どうも死霊術師とまで取引してたんだけど、なんやかんやで魂縛されちゃって
ソウルケルン送りになった模様

こっちに来ても、商売する気満々で
こっちに生えている魂のハスクを集めたら、手持ちの品と交換しちゃる
と、言ってました
20161028_08.png
探すと、けっこうありますね
魂のハスク

何がもらえるかわかりませんが、無理しない範囲で
こつこつ貯めてみますか

さて、のっけからよそ見してばかりでしたが
このソウルケルンのどこかにヴァレリカがおり、星霜の書もあるはずです

探しに行きましょう


この記事へのコメント