襲われたキャラバン

追い剥ぎ峡谷を通過し、街道をさらに北へ
天気も好転し、旅日和となってまいりました
20160218_01.png
と、思っていたらこれです
さすがスカイリム、ドラゴンが復活するわ、内戦中だわ、心休まる時がありませんな

すでに生き残りはおらず、全員死亡しています
20160218_02.png
犯人に繋がる証拠とも言えるものが、遺体の傍に散らばっていました
ファルマー(ファルメル)の仕業のようです

※Falmerを訳するとき、公式日本語訳がファルメルとなっているのですが
もともとスノーエルフだった彼らが、ドワーフたちの改造により今の姿となったので
あんななりでもエルフ族なんですよね

なのでマーの一族に連なる存在なので、ファルマーと訳すのが正しいと思うのですが
ファルメル派とファルマー派が存在してます
(わたしはファルマー派です)

普段は洞窟に住んでいるのですが、襲撃のため出てきたのでしょうか
20160218_03.png
もともと、このあたりは通る者が消える危険地帯だったようです
その分、無事に荷を運べばいい金になったのでしょうが・・・

南無

さらに北へと進むと、大きな建造物の奥に村らしきものが見えてきました
竜の形をした橋のようです
20160218_04.png
この村の名は、その名の通り「ドラゴンブリッジ」
首都ソリチュードに近く、軍が駐屯しています
20160218_05.png
戦時中の軍っていうのは、たいてい地元住民となにかしらトラブルが起きるのよね
すでに木材の徴収などもあり、ピリピリした雰囲気になっています

さて、まだ日が沈むまで時間はありそうです
ソリチュードまで、行けるかな?
20160218_07.png
うん、この距離なら行けそう
せっかくの村ですが、休憩も取らずに全スルーで駆け抜けます
20160218_06.png
おかげさまで、明るいうちにソリチュード圏内に入れました
20160218_08.png
街の入り口まで到着したとき、衛兵さんから忠告をもらいましたが
ロックヴィルみたいってどういうことだ?


この記事へのコメント