謎の女とドラゴン

峠を越えて、ホワイトランに到着
ドラゴン大好きファレンガーに、ドラゴンストーンを渡します
よく見ると、傍らに女性が
20151226_01.png
どうやら彼女がファレンガーの情報源らしい
ある意味、こいつに行かされたわけですね

一仕事終えたと思っていたら、イリレスが血相を変えてやってきました
ドラゴンがやってきたと

全速力で駆けつけてきた衛兵が首長に報告をしておりました
20151226_02.png
首長がイリレスに慎重に対応するよう指示を出し
ヘルゲンでのドラゴン経験者ということで、それについて行くことに
20151226_03.png
イリレスが率いる衛兵たちと、西の監視塔に辿り着くと
あたりは火と煙に覆われていました

無事だった衛兵に話を聞くと、まだ近くにいるとのこと
監視塔の最上階に上って、遠くまで索敵していると…
20151226_04.png
ドラゴンがこっちに向かってクルー!
弓で果敢に攻撃しますが、豆鉄砲並みに弱いです
あきらめずに攻撃をしかけていたら、衛兵のみんなの攻撃が効いて
ドラゴンは地上に堕ちて行きました

好奇心に駆られて近づいてみると
20151226_05.png
あのときの壁と同じように、ドラゴンからなにかを吸い取っています

それをみたノルドの衛兵たちは、伝説のドラゴンボーンだと教えてくれました
帝国初代皇帝にしてのちに神となった、タイバーセプティムもドラゴンボーンだったそうな
はやし立て盛り上がる衛兵たちをよそに、ダンマーのイリレスは冷静さを保っていました

正直、ドラゴンボーンはよくわからんと前置きしながらも
20151226_06.png
厳しい人に褒められるとうれしいね

とりあえず、ドラゴンの脅威は去りました
この事を首長に報告せねば


この記事へのコメント