墓地の最深部へ

20151225_01.png
奥へと進むと、行き止まり
アーヴェルの日記に記されていたのは、ここのことか?

ヒントを元に、絵を動かして鍵となる金の爪を使うと
扉が開き、さらに奥へと進む事ができました

古代遺跡の最深部
ロマンがあるね!

進んでいくと、見慣れない様式の建造物が
20151225_02.png
敵は・・・いないのか?
恐る恐る近づくと、文字の刻まれた壁の一部が光っている
20151225_03.png
おう!?
なんか自分、吸い取ってる??
20151225_04.png
選択の余地すらなく、なにか言葉を受け取ったようです

これで終わりかと思ったら
墓の中からこんにちは☆

お宝には番人がつきものよね
ブリークフォール墓地の最後にして最強の敵を倒し
20151225_05.png
ああ、忘れてた
ファレンガーに頼まれてたドラゴンストーンを手に入れました

ルーカンから依頼された金の爪
ファレンガーから依頼されたドラゴンストーン
二つを手に入れ、墓地の外へ

外はとっくに日が暮れておりました

ENBの関係で、夜はとっても暗くなっており
たいまつか灯火魔法がないと、本当に真っ暗闇で道もわからなくなるレベルです

まだ灯火魔法を覚えていないので、戦利品のたいまつをつけて
リバーウッドへと戻ります

道中、なにやら人影が

こういう場合、わたしはいつもセーブして遠距離攻撃しかけてしまう
ちょっと喧嘩っ早い奴です
(誤爆だった場合、ロードしてなかったことに)

今回は、旅の吟遊詩人さんでした
20151225_06.png
こんなご時世に歌を歌って旅するなんて
気概のあるロマンチストやねえ

話によると、ソリチュードに吟遊詩人大学があるらしい
そういえば、吟遊詩人大学関係のクエスト、一度もやったことなかったなあ

いつか、真面目にやってみるか

さてさて、それからリバーウッドまで戻り
スリーピングジャイアントで一泊して、朝になってからルーカンの元へ
20151225_07.png
無事、届けることができました
次は、ホワイトランのファレンガーのところに行かないと


この記事へのコメント